kao 明けまして

あけましておめでとうございます!
KAOです\(^o^)/

お正月は映画鑑賞しながら過ごしてました~

とゆうことでお正月に観た映画を
いくつか紹介します!

一つ目は「アラバマ物語」

image1-46

1962年製作のアメリカ映画です。
人種的偏見が根強く残るアメリカ南部で、白人女性への暴行容疑で逮捕された黒人青年の事件を担当する弁護士アティカス・フィンチの物語。

テーマは重く考えさせられるシーンも多かったのですが、ストーリーが子供目線で進んでいくので彼らの純粋さや無邪気さが映画全体に柔らかさを与えてくれていてよかったです!
ラストは心温まる後味のいい映画でした\(^o^)/

二つ目は「十二人の怒れる男」

image2-46

17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張した事から物語は動き始める……。

お見事!痛快!くすっとしたりと
最高であっという間の96分でした。
一つの部屋だけで撮影されているのに
この面白さは凄すぎます!
偏見や思想によって判断してはいけないなと
強く思いました。

カテゴリー: Diary, kao パーマリンク